法隆寺

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

創建年:(伝)607年
開基;推古天皇・聖徳太子

宗派:聖徳宗

別称;斑鳩寺

Historic Monuments
of
Ancient
Nara

東側、民家の中から
五重塔を望む
南大門を入ったら
(正岡子規の
短歌を入れて)
文化遺産 次へ
トップへ

夢殿

法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。
境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。
法隆寺の建築物群は法起寺とともに1993に「法隆寺地域の仏教建造物」としユネスコの世界遺産て(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥・奈良時代の仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。

(ウィキペディアより抜粋)