平城宮跡
 
 

Historic Monuments
of
Ancient
Nara

奈良の古都平城京の大内裏都。平成10年(1998年)12月、東大寺などと共に世界文化遺産に登録された(考古遺跡としては日本初)。平城宮北端に置かれ、天皇の住まいである内裏即ち内廷と、儀式を行う朝堂院、役人が執務を行う官衙の所謂外朝から成り、約120ヘクタールを占めていた。周囲は5メートル程度の大垣が張り巡らされ、朱雀門を始め豪族の姓氏に因んだ12の門が設置され、役人等はそれらの門より出入りした。東端には東院庭園がおかれ、宴等が催された。この東院庭園は今日の日本庭園の原型とされている。延暦3年(784年)に長岡京に遷都され、その後平城上皇が大極殿(第一次)跡地に新しい宮(平城西宮)を造営して居住したこともあったが、その後平安京が都としての地位が確定すると放置され、しだいに農地となっていった。しかし南都と呼ばれ、あくまでも本来の都は奈良と云う認識が大宮人の間にはあった。(ウィキペディアより抜粋)

西側から第二次大極殿
朱雀門と
遣唐使船復原

旧跡の中心部を
近鉄電車が
横切っている
西側から朱雀門
宮跡の中心に
近鉄電車が
横断している
内裏〈柱の跡に
ツゲが〉から
大極殿)宮跡跡
文化遺産 次へ
トップへ