唐招提寺

奈良県奈良市五条町13-46

創建年:天平宝字3年(759年)
開基;鑑真
中興年:寛元2年(1244年)
中興;覚盛


律宗

Historic Monuments
of
Ancient
Nara

正面・南大門
金堂
〈初夏の一時〉
 
文化遺産 次へ
トップへ

奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院。南都六宗の1つである律宗の総本山である。本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真である。井上靖の小説「天平の甍(いらか)』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有する。「続日本書紀」等によれば、唐招提寺は唐僧・鑑真が天平宝字3年(759年)、新田部親王(天武天皇第7皇子)の旧宅跡を朝廷から譲り受け、寺としたものである。寺名の「招提」は、サンスクリット由来の中国語で、元来は「四方」「広い」などの意味を表す語であったが、「寺」「院」「精舎」「蘭若」などと同様、仏教寺院(私寺)を指す一般名詞として使われていた。つまり、唐招提寺という寺号は、「唐僧鑑真和上のための寺」という意味合いである。(ウィキペディアより抜粋)