Historic Monuments
of
Ancient
Nara

春日山
原始林


飛火野に戯れる鹿たち、その後ろは
春日山原始林に続く
トップへ

文化遺産

春日山原始林、春日山原生林は、奈良県奈良市の市街の東方に位置する原始林。
春日大社の山として神聖視され、樹木伐採が841年(承和8年)から禁じられてきたため、森林が極相に達した原始林が広がっている地域である。春日大社後方の御蓋山(みかさやま)からその東にある主峰の花山(標高498m)、香山(高山・こうぜん)らを含む一帯を総称して春日山という。
市街地(奈良市)に近接して原生林が存在することは極めて珍しく、保護の対象にするべしとして、特別天然記念物に指定されており、うち春日山の照葉樹林は国の名勝にも指定されている。
 (ウィキペディアより抜粋)