教王護国寺
(東寺)
Tou-ji Temple

京都府京都市南区九条町1

延歴15
年(796)
文化遺産 次へ

境内、講堂・金堂・五重塔を望む

密教美術の宝庫

平安京の王城守護のため官寺として創建、空海が真言密教の道場とした。真言宗総本山。境内には南大門、御影堂、金堂(ともに国宝)、講堂(重文)などが一直線に並ぶ。御影堂には秘仏の不動明王像(空海念持仏)と弘法大師像を安置。講堂は仏教美術の宝庫。大日如来を中心に五智如来、五菩薩、五大明王、梵天、帝釈天、など21密教仏の配置は、まさに「立体曼陀羅」。「古都京都のシンボル」にたとえられる五重塔(国宝)は高さ51メートル、古建築としては日本一。
「五重塔総覧」0651p.pdf へのリンク 0652p.pdf へのリンク

The World
Heritage
of
Japan

その他の描画絵
■九条通の南大門 ■壬生通、街中から
トップへ