二条城
Nijojo Castlei

京都府京都市中京区二条通
堀川西入ル
i

慶長8
年(1603

文化遺産 次へ

二条城東南角の櫓から

徳川家興亡のシンボル

1603年徳川家康が、京都における居城として築城。家光が完成させた。慶応3年(1867)には、15代将軍慶喜大政奉還の舞台となった。二の丸御殿(国宝)は、総部屋数33からなる桃山武家書院造りの豪壮な建物。各部屋の障壁画は狩野一門の作。表向きの大広間は豪華絢爛に、奥向きの白書院は墨の山水画と部屋の目的に応じて描かれている。特別名勝の「八陣の庭園」は小堀遠州の作。東西500b、南北400b、周囲に堀と外堀をめぐらす史跡。元離宮
※時代とともに変わっていった様子を、花のアジサイの色に夢を乗せて、
各描画絵にその花をあしらった。

The World
Heritage
of
Japan

本丸御殿を西南櫓から

その他の描画絵
■唐門から二の丸御殿へ ■本丸御殿を西南櫓から
トップへ