天龍寺
Tenryu-ji Temple

京都府宇治京都市右京区
嵯峨天龍寺芒ノ馬場長68

暦応2年(1339

文化遺産 次へ

大方丈から曹源池庭園

京都五山第一の格式をもつ寺

京都でも一、二を争う景勝地・嵐山にある臨済宗天竜寺派総本山。足利尊氏が後醍醐天皇の冥福を祈り、1339年に建立。亀山を借景に法堂、大方丈、小方丈、多宝塔が整然と並ぶ。方丈裏の庭園は、往時の面影を今に伝え、「曹源池」を中心とした池泉回遊式で、夢窓国師の作。対岸に巨石を立てた滝の石組み、滝には鯉魚石を配す。中国黄河の急流、鯉が登りきったら龍に化すという伝説の龍門の表現。

The World
Heritage
of
Japan

その他の描画絵
■庫裡(玄関に達磨図) ■法輪寺橋(渡月橋)から遠望
■放生池から法堂(天井画)■大方丈の襖絵・庫裡の達磨図
トップへ