比叡山延暦寺
Hieizan Enryaku-ji Templen

滋賀県大津市坂本本町4220ei

延暦7年(788

文化遺産 次へ

根本中堂

天台宗の総本山

山三十六峰の第一峰、ひときわ高くそびえたち、京都のどこからでも見られる比叡山。その霊峰の中、都の鬼門に開かれた天台宗の総本山。西に京の都、東に琵琶湖を望む幽玄のの地にあり、平安以後、法然、親鸞、栄西、道元、日蓮など多くの高僧も修行、今なお修行道場としての厳粛な雰囲気を保つ。境内は広大で、根本中道(国宝)、大講堂、釈迦堂、横川中道(いずれも重文)のほか、10にのぼる国宝、50以上の重要文化財を有する。根本中道の内陣には、創建の由来を示す三つの厨子が安置され、最澄自作の本尊薬師如来像の前には、開創以来1200余年間一度も消えたことのない“不滅の法灯”を今に灯し続けている。

The World
Heritage
of
Japan

その他の描画絵
■横川中堂 ■釈迦堂
戒壇院 ■常行堂・法華堂(にない堂)■文殊楼前から根本中堂
トップへ