醍醐寺
Daigo-ji Temple

京都府京都市伏見区
醍醐東大路町22


貞観17年(874)


文化遺産 次へ
総門をぬけ、左受付から三宝院へ

太閤秀吉夢の跡

西国33ヶ所代11番札所。秀吉の“醍醐の花見”で知られる名刹。総門をくぐると、北側には「三宝院」、南側には醍醐の堂宇、如意輪堂、清滝宮拝殿など。下醍醐の五重塔は、応仁の兵火をもまぬがれた京都最古の国宝建造物。金堂と仁王門は紀伊より移築したもの。現存する70余棟の建物は、慶長以後に復興されたもので、その大半が国宝または重要文化財。
「五重塔総覧」0571p.pdf へのリンク

The World
Heritage
of
Japan

その他の描画絵
■西大門(仁王門)
■金堂(国宝)
■旧奈良街道より
トップへ