宇治上神社
Ujigami Shrine

京都府宇治市宇治山田59

康平3年」(1060)

文化遺産 次へ

その他の描画絵
■早蕨の道を通って鳥居前から

現在最古の神社建築

宇治川の東岸朝日山の山裾にある。本殿は一間社流造りの社殿を三つ並べたもので、神社建築としては現存する日本最古のもの。左右両殿の蟇股かえるまたは、三名蟇股の一つとして有名。「宇治」の地名の語源ともなった菟道稚郎子うじのわきいらつこ(弟君)を主神とし、応神天皇(父君)、仁徳天皇(兄君)を祀る。境内中央の拝殿(国宝)は、宇治離宮の遺構と伝えられる。境内には、宇治七名水の一つで唯一現存する「桐原水」湧き出ている。
トップへ

拝殿(国宝)から本殿(本堂)を

The World
Heritage
of
Japan